norikoの『のぞき窓』5 いじめによる傷

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

『いじめによる傷』

洗濯物をたたみながら懐かしい曲がCMソングで流れてきた。
https://m.youtube.com/watch?v=N7TdwN9no5w&feature=youtu.be

カンの『愛は勝つ』
小学3年生の音楽発表会で歌った曲。

当時いじめられていた私は、合唱しながら
『何が愛は勝つじゃーΣ(-᷅_-᷄๑)』って
ふてぶてしく歌った記憶がある。

だからこの曲が流れるたびに
嫌な記憶が蘇ってきた。
もう終わったいじめなのに
何か引きずってる感じがあった。

でも今日久々にこの曲を聴いて
『あー確かに最後には愛が勝つかも』って
素直におもえた。

人のことを信じられなくなった私を
無条件に信じてくれた人達がいる。

無条件に信じてもらえて
自分にも価値があるんだって実感できた。

やっと自分を好きになれたし、
自分で自分を信じられるようになった。

その人達のおかげでまた
人を信じられるようになった。

やっぱり、愛は勝つんだな❣️
沢山の愛のおかげで、
私は癒されたんだなと。
ありがとうございます…❤️

この世の中に価値のない人なんて1人もいないし、
不要な人なんて1人もいないし、
無駄なことなんてひとつもないんだなと
心底感じる今日この頃です…。

https://m.youtube.com/watch?v=wODkBl2w9Lc

歌:KAN
作詞:KAN
作曲:KAN
心配ないからね君の想いが
誰かにとどく明日がきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることを決してやめないで
Carry on carry out
傷つけ傷ついて愛する切なさに
すこしつかれても Oh もう一度夢見よう
愛されるよろこびを知っているのなら

夜空に流星をみつけるたびに
願いをたくしぼくらはやってきた
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
Carry on carry out
求めてうばわれて与えてうらぎられ
愛は育つもの Oh 遠ければ遠いほど
勝ちとるよろこびはきっと大きいだろう

心配ないからね君の勇気が
誰かにとどく明日はきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
[PR]
by sbm-okayama | 2018-02-18 22:47 | norikoの『のぞき窓』

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

『最近の若者は…。』

30代も後半に入ってくると
最近の20代の考えてることがわからないと
感じることも増えてきた。

いわゆる
ジェネレーションギャップというやつΣ(゚д゚lll)

そんなガチガチの頭を一新してくれた動画。
『武田邦彦の本当の話』
放送開始後19分辺りから家庭について
視聴者からの質問に答える武田邦彦さん。

科学者らしい解説を聴いて
どんな世代の人達もつい思ってしまう
『最近の若者は…。』の謎が解けた。

祖母なんかは自分の意志に関わらず
親が決めた相手、顔すら知らない人の
ところへお嫁に行った時代。
今や結婚するかしないかも選べて
離婚するのも昔ほど批判されない時代。

親や祖父母の世代に理解されなくて
受け入れてもらえずに
沢山苦しい思いをしてきた人も
きっと山のようにいるだろう。

親や祖父母の世代が悪いわけでもなく
私達世代が悪いわけでもない。

a0244921_23454765.gif
(子供達が残った大根で作っただいちゃん&こんちゃん。
  食べ物の少ない戦時中を生き抜いた
  祖父母世代には許さらないオブジェかも)

ただ時が流れ社会が変わっていく中で
自分が持っている価値観が変わってない

その価値観が悪いわけでもない。
でもその価値観を押し付けられた若者は
死ぬほど苦しいかもしれない。

押し付けた側もかつては押し付けられた側。
加害者だけど被害者。
そんな人を沢山生んできた人間の歴史。

それでも自分の経験した苦しみは
我が子にさせたくない!って思った人達が
一生懸命に頑張ってきた時間がある。

祖母の時代には許されなかった自由を
私達は与えてもらっている。

1人1人が自分の人生の中で越えようとした
苦しみ、悲しみの分だけ
未来に自由が増えてく気がする。

自分の人生が人類の歴史の一部なんだと
実感する今日この頃です…。

[PR]
by sbm-okayama | 2018-02-17 23:04 | norikoの『のぞき窓』

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

『親父の背中』

先日、父の働いている現場に
忘れ物を届けに行きました。

ヘルメット⛑を被り、
寒い中ジャンバーの襟を立て
現場に戻っていく後ろ姿を見て
『働くお父さん、なんかカッコいいね』
思ったのです。

今もソファーでうたた寝の真っ最中(-_-)zzz
寝てるからテレビを消したら、
『観とんるじゃΣ(-᷅_-᷄๑)』とぼやく父。
観てないくせに…と思ってしまう私。

夕食後はほぼ毎日うたた寝する父。
あの背中が背負ってきたものが
沢山あるんだろうなぁ。
私のことも、家族のことも、それ以外のことも。

もうちょっと大事にしないと
こりゃバチが当たるな、笑





[PR]
by sbm-okayama | 2018-02-08 22:08 | norikoの『のぞき窓』