norikoの『のぞき窓』8 感動

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!


今日一本の動画が送られてきた。

ご飯も食べられなかった女の子。
苦しくていっぱい泣いてた女の子。
死に物狂いで生きてきた女の子。

そんな彼女が
真夏に咲いた向日葵🌻みたいな
笑顔で踊ってる動画。

楽しくて楽しくて❣️
彼女の内側からあふれるものが
私の中にポーンと広がった。
私の中にも咲いたよ。
向日葵🌻

おかげで気分は常夏🌺

どんなに辛い経験も
いつか花が咲くためにあるんだなと
感じる今日この頃です。
a0244921_22170385.jpeg
動画みんなに見せたいよー!

[PR]
by sbm-okayama | 2018-05-24 21:46 | norikoの『のぞき窓』

norikoの『のぞき窓』7 硫黄島

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

2018年3月26日の虎ノ門ニュース。
1時間28分あたりからはじまる
トラ撮り!のコーナーで

25日の日米硫黄島戦没者
合同慰霊追悼顕彰式
について参議院議員の青山繁晴氏が
お話されています。

料理教室に通ってくれている男の子の
ひいおじいちゃんは硫黄島で戦死され
ご遺骨もまだ戻ってきていません。

まだ一万一千柱の方々のご遺骨が
豪の奥ふかくに、アメリカが敷いた
滑走路の下に眠っておられます。

ほんの数年前まで
硫黄島という名前くらいしかしりませんでした。

硫黄島に限らず
七十数年前に日本を守る為に
戦地で戦い続けた方々がいて
今の私がいること。

日常の生活にばかり目が行き
悩んだり、幸せだと喜んだり。
自分の命は自分のもののように
思いがちだけどそうじゃない。

今というこの時代に
ここ日本に生まれてきたこと。
自分の命の重さを感じた一日でした。

[PR]
by sbm-okayama | 2018-03-26 23:39 | norikoの『のぞき窓』

norikoの『のぞき窓』6 卒業

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

甥っ子が今日小学校を卒業しました。

甥っ子姪っ子の中で1番最初に
生まれてきてくれた彼を通して
私は沢山のことを知りました。

つわりと眠さと食欲の負のスパイラルがあること。
授乳や夜泣きでママは心も身体も
日に日にすり減りクタクタになること。

部屋の蛍光灯をみながら
初めて喋った『ひかり』。
言葉を喋っただけで涙が出そうな感動。

何回転けても恐れず歩く姿。

寄り道だらけの幼稚園からの帰り道。
たまに行くお迎えだから付き合えるけど、
毎日続いたらママが交換条件だすのも納得。

あどけないランドセル姿の入学式。

友達とのコミュニケーションギャップに
学校に行けない日々。

家族じゃなくて友達に認められることの意味。
手探りでもがき暴れながらも見つけた居場所。

気がついたら『絶対入ってこんでな!』と
拒否られるようになったお風呂。

子供って心配しなくても
ちゃんと大きくなること。

ここにただいるだけでいい。
何ができるとかできないとか
そんなの全く関係なく
いるだけでいい存在。

彼から沢山のギフトに
心が洗われる今日この頃です。
a0244921_19194817.jpg


[PR]
by sbm-okayama | 2018-03-20 18:25 | norikoの『のぞき窓』

norikoの『のぞき窓』5 いじめによる傷

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

『いじめによる傷』

洗濯物をたたみながら懐かしい曲がCMソングで流れてきた。
https://m.youtube.com/watch?v=N7TdwN9no5w&feature=youtu.be

カンの『愛は勝つ』
小学3年生の音楽発表会で歌った曲。

当時いじめられていた私は、合唱しながら
『何が愛は勝つじゃーΣ(-᷅_-᷄๑)』って
ふてぶてしく歌った記憶がある。

だからこの曲が流れるたびに
嫌な記憶が蘇ってきた。
もう終わったいじめなのに
何か引きずってる感じがあった。

でも今日久々にこの曲を聴いて
『あー確かに最後には愛が勝つかも』って
素直におもえた。

人のことを信じられなくなった私を
無条件に信じてくれた人達がいる。

無条件に信じてもらえて
自分にも価値があるんだって実感できた。

やっと自分を好きになれたし、
自分で自分を信じられるようになった。

その人達のおかげでまた
人を信じられるようになった。

やっぱり、愛は勝つんだな❣️
沢山の愛のおかげで、
私は癒されたんだなと。
ありがとうございます…❤️

この世の中に価値のない人なんて1人もいないし、
不要な人なんて1人もいないし、
無駄なことなんてひとつもないんだなと
心底感じる今日この頃です…。

https://m.youtube.com/watch?v=wODkBl2w9Lc

歌:KAN
作詞:KAN
作曲:KAN
心配ないからね君の想いが
誰かにとどく明日がきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることを決してやめないで
Carry on carry out
傷つけ傷ついて愛する切なさに
すこしつかれても Oh もう一度夢見よう
愛されるよろこびを知っているのなら

夜空に流星をみつけるたびに
願いをたくしぼくらはやってきた
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
Carry on carry out
求めてうばわれて与えてうらぎられ
愛は育つもの Oh 遠ければ遠いほど
勝ちとるよろこびはきっと大きいだろう

心配ないからね君の勇気が
誰かにとどく明日はきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
信じることさ必ず最後に愛は勝つ
[PR]
by sbm-okayama | 2018-02-18 22:47 | norikoの『のぞき窓』

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

『最近の若者は…。』

30代も後半に入ってくると
最近の20代の考えてることがわからないと
感じることも増えてきた。

いわゆる
ジェネレーションギャップというやつΣ(゚д゚lll)

そんなガチガチの頭を一新してくれた動画。
『武田邦彦の本当の話』
放送開始後19分辺りから家庭について
視聴者からの質問に答える武田邦彦さん。

科学者らしい解説を聴いて
どんな世代の人達もつい思ってしまう
『最近の若者は…。』の謎が解けた。

祖母なんかは自分の意志に関わらず
親が決めた相手、顔すら知らない人の
ところへお嫁に行った時代。
今や結婚するかしないかも選べて
離婚するのも昔ほど批判されない時代。

親や祖父母の世代に理解されなくて
受け入れてもらえずに
沢山苦しい思いをしてきた人も
きっと山のようにいるだろう。

親や祖父母の世代が悪いわけでもなく
私達世代が悪いわけでもない。

a0244921_23454765.gif
(子供達が残った大根で作っただいちゃん&こんちゃん。
  食べ物の少ない戦時中を生き抜いた
  祖父母世代には許さらないオブジェかも)

ただ時が流れ社会が変わっていく中で
自分が持っている価値観が変わってない

その価値観が悪いわけでもない。
でもその価値観を押し付けられた若者は
死ぬほど苦しいかもしれない。

押し付けた側もかつては押し付けられた側。
加害者だけど被害者。
そんな人を沢山生んできた人間の歴史。

それでも自分の経験した苦しみは
我が子にさせたくない!って思った人達が
一生懸命に頑張ってきた時間がある。

祖母の時代には許されなかった自由を
私達は与えてもらっている。

1人1人が自分の人生の中で越えようとした
苦しみ、悲しみの分だけ
未来に自由が増えてく気がする。

自分の人生が人類の歴史の一部なんだと
実感する今日この頃です…。

[PR]
by sbm-okayama | 2018-02-17 23:04 | norikoの『のぞき窓』

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

『親父の背中』

先日、父の働いている現場に
忘れ物を届けに行きました。

ヘルメット⛑を被り、
寒い中ジャンバーの襟を立て
現場に戻っていく後ろ姿を見て
『働くお父さん、なんかカッコいいね』
思ったのです。

今もソファーでうたた寝の真っ最中(-_-)zzz
寝てるからテレビを消したら、
『観とんるじゃΣ(-᷅_-᷄๑)』とぼやく父。
観てないくせに…と思ってしまう私。

夕食後はほぼ毎日うたた寝する父。
あの背中が背負ってきたものが
沢山あるんだろうなぁ。
私のことも、家族のことも、それ以外のことも。

もうちょっと大事にしないと
こりゃバチが当たるな、笑





[PR]
by sbm-okayama | 2018-02-08 22:08 | norikoの『のぞき窓』

a0244921_23195680.jpg
私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

先日ミーティングに3人のママ達が集まりました。
集まってみたら、もれなくみんな不登校児が1人ずつくっついて来た(*^^*)

学校や幼稚園に行きたくない理由はみんな様々。
ママ達もあの手のこの手で登校させようと
色々頑張ってみたけれど…。

毎朝格闘するママも大変。
学校に行ってくれたらホッとする。

学校に行きたくない子供も大変。
家に居ても体調が優れない、モヤモヤ感が続く。

学校に行くのがこんなに苦しいって何か変だよね⁈
何かおかしいよね⁈


子供達が学校でも学校以外でも
生きていく力を身につけられるように
ママ達真剣に人生と向き合ってます。


[PR]
by sbm-okayama | 2018-01-24 20:56 | norikoの『のぞき窓』

norikoの『のぞき窓』1

私の見聞きした世界を思うままに
気が向いたときに綴っていきたいと思います!

a0244921_23523650.jpg

この本が目に入ってきた瞬間、
以前聞いたあることを思い出した。

『南の島の酋長さんは、
    村人たちにギフトができる人。
    人を幸せに出来る人じゃないと
    酋長さんにはなれないんだよ。』

この本を読むうちに、酋長さんのお話も納得。

フィジーの人には、所有の概念が薄く
今目の前に困っている人がいると
自分にできることは何でもしてあげる国民性。

詐欺だとわかっていてもあえて引っかかる。
子供が出来ないので、子沢山の家からもらってくる。
隣国の島が海面上昇で住めなくなる危機に瀕した際も、
『みんな引越しておいで』って大統領自ら宣言。

日本人からしたら信じられないようなことを
さらりとやってしまうフィジーの人。

よく考えたらちょっと前まで日本も
お隣さんにお醤油を借りに行ったりしてたのにね。
いつから自分と他人の境界線が
こんなにくっきりはっきりしたのかな。

私の物はみんなのもの、
あなたの物はみんなのもの。
読むだけで利他的なフィジーの人から
ギフトをもらっている感じがする。


そしていい意味で適当なので、
こうあるべきっていう枠がない。
日本人にとっては超.非常識なことが
フィジーでは当たり前に起きる。

あまりに非常識すぎて、まるでコント。
久しぶりにお腹を抱えて大笑い(*^^*)


ネガティブなこともポジティブにしかとれない。
悲観もしないし不安も抱かない。
過去にも未来にもとらわれず、
ただただ今にフォーカス。

そこら中に溢れている啓発本みたいな言葉に
聞こえるけど、全くそんな感じではなく
人として忘れちゃダメなことを
自然と思いださせてくれた一冊。


単に幸せになりたい人にも
ストレスフルで辛い人にも
育児書大好きな人にも
世界の見知らぬ国に興味がある人にも
おすすめの一冊です。



[PR]
by sbm-okayama | 2018-01-07 23:51 | norikoの『のぞき窓』