「ほっ」と。キャンペーン

しゅうかつ(就活・終活)講演セミナーその2

昨日は、以前開催した『しゅうかつ講演会』に来て下さった方の中で新しい働き方をしたい方にお集まりいただきました。

幼稚園に通う3児のママさんが講演会に参加した感想です。
『講演を聴くまで、学校を卒業したら就職し、結婚出産。そして保育園に子供を何とか預かってもらいまた職場復帰するもんだと思っていたし、子育てと仕事の両立が辛くてもどんなに理不尽な事があってもそれが当たり前なんだと思ってました。でもそうじゃない働き方もできるんだって、選択肢が増え自分で選ぶことができると知ってワクワクしています。』ってお話をして下さいました。

そして今後どういう働き方をしたいか?を話し合いました。

『やっぱり小学校に上がるまでは子供を連れて、そばにおいて働きたい!』と。
『色々な仕事を子供にも見せたい!』と。

お正月に大芦高原ホテルの床貼りに、私は小学校一年生の甥っ子と一緒に参加したのですが、
材料の買い出しにホームセンターに行った際、甥っ子は
『ドライバー欲しい。腰につけるの(道具を入れるポーチ)も欲しい。』とねだりました。
子供は大人が働く姿を見て憧れを抱いたり、色々な事を真似て出来ることが増えていくんだなと。
子供の『やりたい!』って言う気持ちは、スポンジみたいになんでも吸収していくし、失敗も不安も全く気にせずチャレンジします。

『親の働く姿を見る事は、子供が育つ(子供が勝手に学んでいく)こと。私達が胸を張って子供達に背中を見せられるようにしたい!』ということで今回は時間オーバー。より具体的な事はまた次回に持ち寄ることになりました。

ママさん達の子供(未来)に対する気持ち、本当に真剣です。一人一人の力が、本当に世の中を変えることができる!そう強く感じた1月11日でした。



[PR]
by sbm-okayama | 2017-01-13 00:08